【芸能】「菊池桃子」の再婚報道、ワイドショーが元姑「五月みどり」に触れない深い事情

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1砂漠のマスカレード ★2019/11/16(土) 08:24:50.45ID:FA489l1x9
過去にはCMで共演

11月4日、菊池桃子(51)はブログを更新、経済産業省で経済産業政策局長を務める新原浩朗氏(60)との結婚を発表した。たちまち芸能メディアは、蜂の巣をつついたような大騒ぎになった。

 ***

だが、民放キー局で番組制作に携わるベテランスタッフは、菊池の結婚を報じるワイドショーを見ながら違和感を覚えたという。
「五月みどりさん(80)の名前が全く出てこなかったからです」と、その理由を説明する。

「経産省の新原局長は初婚だそうですが、菊池桃子さんは再婚。95年に入籍した西川哲さん(51)が最初の夫でした。
当時の西川さんはプロゴルファーで、92年には約5100万円の賞金を獲得。
若手ゴルファーの注目株でした。さらに芸能メディアも西川さんに注目したのは、母親が女優でタレントの五月みどりさんだったからです」

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/9/4/94299_1523_a0650dfc_e0e6636e.jpg

菊池と西川氏は93年にゴルフのプロアマ戦でラウンドしたことがきっかけで、交際するようになった。発覚した時の報道を見てみよう。

日刊スポーツが94年4月6日に掲載した「菊池桃子 西川哲とホットな交際も結婚否定 ドラマ、CM来年までギッシリ」には、以下のような記述がある。
(註:引用部分は全てデイリー新潮の表記法に合わせた。引用文の年齢は当時。以下同)

《互いに両親も紹介し合った。「もし、二人の仲が公になった場合、家族にも取材の人が行くから迷惑がかかる。
土台である身内が分からないと困るので、ちゃんと紹介しました」。
西川の母の歌手五月みどり(54)に紹介された際には「頑張って」と笑顔で応援されたという。
「彼の家族も、私の家族も、みんなが笑顔で応援してくれるので、うれしいですね」》

前出のベテランスタッフは、民放キー局が、まるで申し合わせたように、五月みどりの名前を“封印”したように感じたという。

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/d/5d1f4_1523_a0650dfc_a1ddd2df.jpg

「ニュース番組なら分かります。それこそ前の夫さえ、可能な限り触れないようにしていた番組もあったほどです。
しかしワイドショーは、西川さんについて言及していたにもかかわらず、彼の母親である五月さんの名前は伏せました。これは実に意外でしたね」

報道の場合は、やはり内容の公益性やニュース価値が厳しく問われる。何でも放送すればいいというものではない。
しかしワイドショーは、視聴者のニーズに応えることが極めて重要だ。

「そもそも菊池さんと五月さんは、仲のいい嫁姑として話題でした。
テレビ局には多くの映像が残っているはずですし、ワイドショーの視聴者層である60代以上の男女にも関心を持ってもらえるに違いありません。
ところが不思議なことに、ワイドショーはそろって沈黙を貫いたのです」(同・ベテランスタッフ)

五月みどりに忖度?
 データーベースで「菊池桃子 五月みどり 嫁姑」でスポーツ紙の過去記事を検索してみると、3本がヒットした。重複を除いた残り2紙の見出しをご覧いただこう。

◇「菊池桃子、五月みどりと嫁姑共演CM――ミツカン『追いがつおつゆ』」(スポーツニッポン:05年6月24日)

◇「歌手の五月みどりとタレントの菊池桃子がイベント出演、嫁姑問題は良好」(日刊スポーツ:05年12月11日)

ベテランスタッフは「昔の下世話だけれど、パワーで押し切るようなワイドショーは終わってしまったのでしょうか」と嘆くのだが、
しかしながら詳しく調べてみると、離婚時、2人は決して良好な関係ではなかった可能性が出てきた。

菊池が西川氏との離婚を発表したのは12年1月。17年という結婚生活を経ての破局という点も注目を集めた。
結局、本人たちの口から離婚の理由が語られることはなかったが、多くの芸能メディアは「元夫の借金と浮気が原因」との報道を繰り返した。芸能担当記者が解説する。

「菊池さんは慰謝料も養育費も受け取らずに離婚したと報じられましたが、それは当時の西川さんが借金で大変だったからです。
雑誌『婦人公論』は12年5月7日号で、五月みどりさんのインタビュー記事『息子の離婚は残念に思うけれど「お金を貸して」と泣きつかれても、私は絶対に援助しません』を掲載しました。
母親が厳しい態度で接しなければならないほど、西川さんはお金に困っていたのでしょう」

https://news.livedoor.com/article/detail/17383958/
2019年11月15日 11時1分 デイリー新潮

2名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 08:25:33.50ID:5h67tMDP0
西川哲

3砂漠のマスカレード ★2019/11/16(土) 08:25:58.42ID:FA489l1x9
さらに「NEWSポストセブン」は、12年8月3日、「離婚した菊池桃子 元姑の五月みどりに相談も援助拒否される」の記事を掲載した。
もとは「女性セブン」同年8月16日号に掲載されたものだ。重要な部分を引用しよう。

《周知のとおり、西川の母は五月みどり(72才)だ。元姑である五月にとって、離婚したとはいえ、菊池の子供はかわいい孫であることに変わりない。

「桃子さんとしては、生活を援助してもらおうというのではなく、元のご主人の借金を含め、今後どうしたらいいか相談したかったんだと思います。
でも、その話を聞いた五月さんは『どんな状況であろうとも私は手助けしません』と相談に乗らなかったそうです」(前出・芸能関係者)》

五月は実の息子にも義理の娘にも、平等に接したとは言えるかもしれない。「安易に頼ってもらっては困る」という“愛の鞭”だった可能性はあるだろう。
だが「NEWSポストセブン」の記事を読むと、義母の厳しさを菊池がどう受け止めたのかという疑問は残る。

前出のベテランスタッフは「菊池さんが西川さんと離婚すると、五月さんと菊池さんが距離を置くようになったのは事実だと思います」と振り返りながら、新しい可能性を指摘する。

「ワイドショーが忖度したのは五月さんではなく、西川さんの父親だった故・西川幸男さん(1925〜2012)ではないでしょうか。
芸能事務所の会長であり、文字通り芸能界の“ドン”として君臨した人ですからね」

あの周防社長も社員だった

西川会長は1945年、20歳の若さで浪曲の興行会社を興す。そして49年に村田英雄(1929〜2002)を迎えたことから一気に存在感を増していく。

58年に「新栄プロダクション」を設立。同社の公式サイトには「創業より村田英雄をはじめ、北島三郎、新川二朗、五月みどり、山田太郎、大月みやこ、
西川峰子、小松みどり、藤圭子、西尾夕紀など世に送り出してまいりました」とある。まさに錚々たる顔ぶれだ。

芸能界に関心を持つ人なら、現在の“ドン”はバーニングプロダクションの周防郁雄社長(78)であることはご存知だろう。

講談社のニュースサイト「現代ビジネス」は16年11月30日、ノンフィクションライター田崎健太氏(51)の署名記事「バーニング社長・周防郁雄氏が初めて語る『芸能界と私』」を掲載した。
元は「週刊現代」同年11月26日号に掲載されたものだが、ここで周防社長は、芸能界の第一歩を「新栄プロダクション」でスタートさせたと振り返っている。

《周防がまず芸能界で働いたのは、新栄プロダクションという演歌専門のプロダクションだった。

新栄プロは、'58年に設立された、浪花節専門プロダクション「西川興行社」を前身としている。
その後、浪曲師だった村田英雄が『無法松の一生』で演歌歌手としてデビューしたのに合わせて新栄プロと改名した。

「新栄の(西川幸男)社長の家に住み込んで、村田さん、バンドと一緒に年間100日ぐらいは地方をドサ回りしていました。
マネージャーの下について仕事を覚えるわけです。給料も安かったですが、自分で車を運転して荷物を運んだり、サイン色紙を売ったり、とにかく何でもやった」

 

4砂漠のマスカレード ★2019/11/16(土) 08:26:57.77ID:FA489l1x9
 さらに「NEWSポストセブン」は、12年8月3日、「離婚した菊池桃子 元姑の五月みどりに相談も援助拒否される」の記事を掲載した。もとは「女性セブン」同年8月16日号に掲載されたものだ。重要な部分を引用しよう。

《周知のとおり、西川の母は五月みどり(72才)だ。元姑である五月にとって、離婚したとはいえ、菊池の子供はかわいい孫であることに変わりない。

「桃子さんとしては、生活を援助してもらおうというのではなく、元のご主人の借金を含め、今後どうしたらいいか相談したかったんだと思います。
でも、その話を聞いた五月さんは『どんな状況であろうとも私は手助けしません』と相談に乗らなかったそうです」(前出・芸能関係者)》

 五月は実の息子にも義理の娘にも、平等に接したとは言えるかもしれない。「安易に頼ってもらっては困る」という“愛の鞭”だった可能性はあるだろう。
だが「NEWSポストセブン」の記事を読むと、義母の厳しさを菊池がどう受け止めたのかという疑問は残る。

 前出のベテランスタッフは「菊池さんが西川さんと離婚すると、五月さんと菊池さんが距離を置くようになったのは事実だと思います」と振り返りながら、新しい可能性を指摘する。

「ワイドショーが忖度したのは五月さんではなく、西川さんの父親だった故・西川幸男さん(1925〜2012)ではないでしょうか。芸能事務所の会長であり、文字通り芸能界の“ドン”として君臨した人ですからね」

あの周防社長も社員だった
 西川会長は1945年、20歳の若さで浪曲の興行会社を興す。そして49年に村田英雄(1929〜2002)を迎えたことから一気に存在感を増していく。

 58年に「新栄プロダクション」を設立。同社の公式サイトには「創業より村田英雄をはじめ、北島三郎、新川二朗、五月みどり、
山田太郎、大月みやこ、西川峰子、小松みどり、藤圭子、西尾夕紀など世に送り出してまいりました」とある。まさに錚々たる顔ぶれだ。

芸能界に関心を持つ人なら、現在の“ドン”はバーニングプロダクションの周防郁雄社長(78)であることはご存知だろう。

講談社のニュースサイト「現代ビジネス」は16年11月30日、ノンフィクションライター田崎健太氏(51)の署名記事「バーニング社長・周防郁雄氏が初めて語る
『芸能界と私』」を掲載した。元は「週刊現代」同年11月26日号に掲載されたものだが、ここで周防社長は、芸能界の第一歩を「新栄プロダクション」でスタートさせたと振り返っている。

《周防がまず芸能界で働いたのは、新栄プロダクションという演歌専門のプロダクションだった。

5砂漠のマスカレード ★2019/11/16(土) 08:27:23.10ID:FA489l1x9
テレビ局が忖度!?

次も日刊スポーツで、こちらは「西川哲 菊池桃子との結婚延期 招待客をめぐり父と決裂」という95年3月の記事だ。西川会長の権勢がリアルに描かれているため、少し長くなるが引用させていただく。

《プロゴルファー西川哲(26)と女優菊池桃子(26)の結婚式が延期されることが8日、明らかになった。
4月24日に東京・港区の新高輪プリンスホテルで青木功夫妻を媒酌人に行われる予定だったが、西川家で挙式の方法などをめぐりトラブルが起き、異例の挙式延期となった。
桃子はその心労から7日に十二指腸潰瘍穿孔(かいようせんこう)で吐血し倒れ、都内の病院に緊急入院した。約4週間の入院加療が必要。関係者によると、挙式は12月か来年1月に延期されるという。

挙式延期は西川と、西川の実父で大手芸能事務所「新栄プロダクション」の西川幸男会長(69)が、挙式をめぐり意見が対立したことに端を発する。

関係者によると、招待状の発送期限の今月3日に、西川家で最後の打ち合わせが行われた。この際、西川会長と西川の間で主賓、乾杯の音頭など招待者の人選で口論となった。
西川会長は古くから芸能界で確固たる地位を築いてきた人物で、芸能界では絶大な力を持つ。交友関係は各界に及び、招待者の割合は菊池側に比べ、西川サイドが圧倒的多数を占めていた。

これに対し西川が「自分たちのやりたいように式を挙げたい」と申し出て、西川会長が決めていた主賓や乾杯の音頭を取る人などの変更を求めた。
「今あるのは、さまざまな人の支えや尽力があってのこと」が信条の西川会長は、「生意気なことを言うんじゃない」と激怒した》

背景には、西川がプロゴルファーとして不振に悩んでいたこともあったようだ。事実、西川はデビュー当時の輝きを取り戻すことはなく、2010年代は実質的な引退という状態になっている。
ちなみに現在は、JRAのクラブ法人「東京サラブレッドレーシング」の代表を務め、競走馬のファンド事業を展開している。父親の西川会長も、生前は馬主として知られていた。

「こうして考えてみると、五月みどりさんにとっても、西川哲さんにとっても、西川会長の謦咳に接した現役の芸能関係者にとっても、菊池さんと西川さんが結婚し、五月さんが義母だったことを触れられるのは、嫌なのかもしれません。
そうでなくとも、『万が一、揉めたら大変だ』とワイドショー側が忖度し、自主規制したということでしょう」(同・ベテランスタッフ)

6名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 08:27:32.48ID:Sghrs+2n0
長いだけで中身がなさすぎる記事

7名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 08:30:24.13ID:hQqRS+Lt0
子供は父親に会ってるのかな

8名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 08:31:38.49ID:J2non0x30
そりゃ元姑なんて語らないだろ

9名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 08:36:40.03ID:cuoTKOpD0
なんだこの記事。
ググったり他紙の記事載せたりしてるだけで取材してねー

10名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 08:37:28.72ID:Y+zzUIMI0
お暇なら来てよね私(名前が出ないから)さびしいの

11名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 08:37:56.28ID:9xfJzJ430
長いしどうでも良い

12名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 08:38:44.07ID:mzNtNnTO0
別に不自然やないし触れるとしてもせいぜい名前出すくらいやろ

13名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 08:40:50.29ID:PAv0FlEKO
離婚した旦那の母親を引っ張り出してくる必要ある

それ異常だろ

14名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 08:45:56.92ID:PAenLHa30
息子の元嫁と良好な関係の姑なんておらんだろw

15名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 08:49:38.12ID:OdAkW8Do0
もう、何年も前の旦那の母親ってそれもう他人だろ

16名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 08:51:40.76ID:SR122ev70
異常なのはこの記事

17名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 08:53:11.92ID:wiKwVWOH0
元夫も今はプロスポーツ選手ではないし触れる必要なんてない

18名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 08:59:13.45ID:5KsqMT2+0
結局玉の輿権力好きは同じだな
そんな芸能界のドンの息子だったとは

19名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 09:02:39.70ID:AqGcztig0
一行にまとめると
菊池桃子が官僚と再婚したのが気に食わない

20名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 09:17:42.25ID:zIaqG7NE0
>>19
それは違う
子供が居なければ再婚は良いと思う
連れて出た子が五月さんにとっては可愛い孫
その孫が遠く離れてしまう事が辛いだろうとと思うのが人の世
義母ならそんな元嫁に死んでほしいと思う

21名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 09:21:03.93ID:cM6fGFuW0
五月みどりも80歳なのか
昔はよく抜いた

22名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 09:23:13.32ID:j7WIVUdo0
アテネで会ってね

23名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 09:24:47.50ID:lTiyADUq0
だって関係ないし

24名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 09:27:02.97ID:AYixRMW10
ネームバリューから言っても
当時は知らんが今なら確実に菊池>>>五月だろう
老人ホーム調べなら知らんがな

25名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 09:27:15.89ID:ro2EX2oO0
官僚と再婚したのが
気に入らねぇってことか
この記事書いた記者の
嫉妬だろ?
菊池がフェイクニュース
訴えるって記事あったけど
この記事の事かね

26名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 09:28:10.43ID:Jc/b4DCN0

27名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 09:32:44.22ID:LW5HaFc+0
西川は借金だけじゃなく不倫もしてたクズ

28名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 09:33:57.97ID:MP8DM7c40
>菊池さんが西川さんと離婚すると、五月さんと
>菊池さんが距離を置くようになったのは事実

当たり前だろw

29名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 09:36:48.00ID:9adX7ejr0
五月みどりは菊池桃子の離婚の時にテレビで
平身低頭で謝ったって言ってたよ
本当に申し訳ないことをしたって
だから険悪なんてのはあり得ない。
マスコミが報じないのは体調じゃないのかね。
去年のやすらぎの郷の撮影途中に
軽い認知症を発症して長台詞が覚えられなり
自ら降板を申し出たけど倉本聰が脚本を書き直して
五月の台詞を大幅に削ることでなんとか
完走したってニュースあったから。
続編には最初にチラッとだけ顔出して終わり。
多分認知症が進んでる。
菊池桃子の結婚ついでに五月を掘り返すと
そこに触れなくちゃいけなくなるから
敢えてスルーしてるんでは?

30名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 09:40:48.63ID:TA07btZK0
最初の夫はダメだったからな

31名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 09:48:31.81ID:IGRsdvpZ0
>>20
読売新聞の下のコメババアみたい

32名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 09:48:37.86ID:vVBZphj90
てか、西川の父親分かってんの?

33名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 10:06:20.06ID:XllhXd6q0
東京モーターショー2019で話題になったダイハツ美人
http://qiaoy.lindore.net/bcil5/7jlw1wtx23a4pb.html

34名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 10:46:14.33ID:+ehoghWx0
なんの借金

35名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 12:18:02.95ID:DK1HkcVQ0
徹子の部屋に実の娘と出演したなかったっけ?

36名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 13:03:54.96ID:3g+Bot0e0
青春のいじわる 13位 14.3万
SUMMER EYES 7位 19.5万
雪にかいたLOVE LETTER 3位 34.8万
卒業 -GRADUATION- 1位 39.4万
BOYのテーマ 1位 34.1万
もう逢えないかもしれない 1位 25.4万
Broken Sunset 1位 21.9万
夏色片想い 1位 24.7万
Say Yes! 1位 20.8万
アイドルを探せ 1位 16.2万
Nile in Blue 2位 12.2万
ガラスの草原 4位 9.8万
愛は心の仕事です (ラ・ムー) 9位 10.1万
少年は天使を殺す (ラ・ムー) 4位 5.4万
TOKYO野蛮人 (ラ・ムー) 8位 4.6万
青山Killer物語 (ラ・ムー) 19位 2.1万

37名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 13:16:09.79ID:/5iZQeTH0
最初の奴は菊池桃子に見る目がなかっただけ。今回は大丈夫だといいけどな

38名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 14:50:59.49ID:eTPPTniL0
西川は
ゴルフで稼げない
3流プロゴルファー

39名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 14:56:57.44ID:DUE0M9Wx0
五月みどりなんてだれも知らないって1行で済む記事をだらだらと

40名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 14:57:32.87ID:DUE0M9Wx0
>>37
なんかダメンズ好きな感じがしない?
何かしらのクセがありそうだ

41名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 15:01:05.67ID:J3eJ/PTJ0
五月みどり小松みどり姉妹…

42名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 15:03:59.12ID:3iYH/3P20
元姑の話題なんてわざわざ出さんだろ

43名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 15:11:19.30ID:ccT37MhV0
バナナの皮をむくように〜♪桃子の服をぬ〜がしたら〜♪

44名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 15:22:16.98ID:xrr6qOSX0
>>1
炎上させたいマスゴミ以外は官僚との結婚だけでお腹いっぱいだよ

45名無しさん@恐縮です2019/11/16(土) 16:24:07.26ID:/tbqTrEA0
パンツの穴からのファンだけど別に発狂してないよ。
もともと「うさぎのみみになりたい、な」ってよく言ってたし、
桃子に振り回されるのは馴れてるし。

こんな奴だけど恋はハイホーなんだからしょうがない。
型に嵌らないのが桃子だしね。

プライベートは浩朗が支えればいい。
私達は桃子の音楽=ラ・ムーを支えるから。

その魂は私から子供へ、子供から孫へと受け継がれていくし、
そうやっていつか桃子のDNAと混ざり合うから。
それがファンと仁とのEternalだし。

46名無しさん@恐縮です2019/11/17(日) 12:28:16.37ID:Xh+1NGRU0
今は年下のマネージャーと事実婚で湯河原でくらしてる。サンドがみどりんちにお風呂かりに来た。

47名無しさん@恐縮です2019/11/18(月) 01:44:46.83ID:E4FQC8Jf0
ごがつみどり、何かおかしな苗字だな?

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています