【サッカー/欧州CL】ソン・フンミンvs香川!韓日対決実現なるか!?©2ch.net

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
左肩負傷からの完全復活を目指す香川 今季もCLの舞台に挑む

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは現地時間13日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の第1節、敵地でのトットナム戦に臨む。
先週末のリーグ戦で出番のなかった香川は、ベンチスタートの予想となっている。

 ドルトムント公式サイトが伝えた予想スターティングイレブンはGKビュルキ、最終ラインは右からDFピスチェク、ソクラティス、トプラク、ザガドゥの4人。
中盤はアンカーにMFシャヒン、その前にカストロとゲッツェが並ぶ逆三角形型。
3トップに右からFWプリシッチ、オーバメヤン、フィリップの11人となった。

 スコアレスドローに終わった9日のフライブルク戦で出場機会のなかった香川は、ベンチ入りメンバーと予想されている。
左肩負傷のコンディション回復のため、ワールドカップアジア最終予選を戦っていた日本代表を途中離脱するなど、完全復活に向けて調整を続けている。

 リーグ戦で負傷した主将DFシュメルツァーをはじめ、DFバルトラ、MFロイス、MFゲレイロ、FWシュールレ、MFローデ、DFドゥルム、FWサンチョは
欠場となる見込み。
いまだ負傷者の多さに悩まされている。

 一方、トットナムはGKロリス、DFトリッピアー、アルデルヴァイレルト、ヴェルトンゲン、デイビス、MFダイアー、デンベレ、シソコ、エリクセン、ソン・フンミン、
FWケインという4-2-3-1システムでの戦いが予想されている。
韓国代表FWソン・フンミンと香川の日韓対決がピッチ上で実現するかも、注目ポイントの一つとなりそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170913-00010018-soccermzw-socc

296名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:37:37.98ID:VNzhrCjT0
 日本時間13日未明、米アップルがカリフォルニア州クパチーノで開いた新製品発表会
では、iPhoneが3種類発表されるなど、盛りだくさんの内容だった。実際に新型iPhone](テン)を手に取って新機能を確かめた。

 事前に現地で話題となったのは、「機能」ではなく「価格」だった。「とうとう1千ドル超えのスマホが出るらしい」。そんなうわさが広がっていた。

 発表された「iPhoneX」は「999ドル」とぎりぎり3桁に。それでも、日本ほど高級志向が強くない米国では、もともと高めのアップルがここまで来たか、という感覚だ。なにせ、パソコンが買える値段。米国の記者は「いい機能だ」
「すごいね」などと言いつつ、最後は「1千ドルかあ」と苦笑していた。

 「]」を手に取ると、ややほっそりとしている。「7プラス」が大きいと感じる人には使いやすいだろう。ホームボタンはなく、ボタンを押す代わりに画面を下から上に素早く触ると、アプリを閉じたり、ホーム画面に戻ったりと、ボタンを
押したのと同じ動作になる。下から上に指を動かしたまま画面から指を離さずに止めると、複数の画面が開く。最初は慣れないが、しばらく動かしていると要領がわかってくる。

 顔認証は便利だ。画面を見つめるだけですぐにロックが解除され、画面から
顔をそらすとまたロックされる。発表のデモンストレーションでは、目を開けた状態の顔をセンサーが徐々に認識する様が示された。

 眼鏡や帽子、ひげがあっても認識するという。顔を立体的に認識する技術が使われ、顔写真でロックが解除されることはない。決済サービスのアップルペイなども画面を見ただけで支払い手続きができ、クレジットカードを持ち
歩くより安全に思える。

 8と8プラスは背面がガラスで、色が抑えめできれいに見える。ガラスになった分、7や7プラスより10グラムほど重く、ずっしりと感じる。「落としたらヒビが入らないか」と心配する声もあった。

 アップルウォッチの外見はほとんど変わらない。iPhoneが近くになくても単体で使えて、用途はぐんと広がりそうだ。

 発表会の直前、会場には故スティーブ・ジョブズ氏とともにアップルを作ったスティーブ・ウォズニアック氏の姿があった。「新製品はどうですか」と話しかけると、「まだ見ていないよ。本当だよ。まずはちゃんと自分で触って動かし
てみないと、評価は言えないね」と笑った。アップルの一時代を築いたウォズニアック氏。彼の目に、今回の発表はどう映っただろうか。(宮地ゆう)

香港(CNNMoney) 中国駐在の欧州連合(EU)代表部は9日までに、中国当局がフランスのカマンベールなど欧州産のソフトチーズの輸入を全面禁止する措置を打ち出したと発表した。

同代表部の報道担当者は、過去数十年間にわたって安全に輸入し中国内で消費されてきた製品の締め出しと反発。
禁止理由に説得力はなく、中国内で生産された同一のチーズは安全と判断していると反論した。

禁止された他のソフトチーズはブリとロックフォールなど。中国側は皮の部分でバクテリアが検出されたと説明している。

インターネットでチーズ輸入を手掛ける上海の業者は、ハードチーズ販売のみ許されていると指摘。
別の外国産食品の輸入業者によると、欧州産ソフトチーズの禁止は今年6月、中国規制当局が通知したという。

中国当局によるチーズ輸入の中断は過去にもあった。
2014年には英国内の工場での衛生管理基準が不十分として同国産チーズの輸入を差し止めた。
08年にはイタリア当局が発がん性物質のダイオキシン汚染の恐れがあるとしたモッツァレラチーズのリコールを発表後、輸入を禁止した。

ただ、過去の事例は1種類のチーズが対象で、短期間の処置に終わっていた。
今回はソフトチーズ全般に範囲が広がっている違いがある。
EU代表部は、欧州のチーズ産業は今回の措置を非常に懸念し、将来的に同様の方法で別種のチーズも規制される可能性に不安を抱いているという。

297名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:37:44.47ID:VNzhrCjT0
aerdftg

298名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:37:46.19ID:6vUjlPtM0
hgfhj

299名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:37:50.51ID:VNzhrCjT0
 日本時間13日未明、米アップルがカリフォルニア州クパチーノで開いた新製品発表会
では、iPhoneが3種類発表されるなど、盛りだくさんの内容だった。実際に新型iPhone](テン)を手に取って新機能を確かめた。

 事前に現地で話題となったのは、「機能」ではなく「価格」だった。「とうとう1千ドル超えのスマホが出るらしい」。そんなうわさが広がっていた。

 発表された「iPhoneX」は「999ドル」とぎりぎり3桁に。それでも、日本ほど高級志向が強くない米国では、もともと高めのアップルがここまで来たか、という感覚だ。なにせ、パソコンが買える値段。米国の記者は「いい機能だ」
「すごいね」などと言いつつ、最後は「1千ドルかあ」と苦笑していた。

 「]」を手に取ると、ややほっそりとしている。「7プラス」が大きいと感じる人には使いやすいだろう。ホームボタンはなく、ボタンを押す代わりに画面を下から上に素早く触ると、アプリを閉じたり、ホーム画面に戻ったりと、ボタンを
押したのと同じ動作になる。下から上に指を動かしたまま画面から指を離さずに止めると、複数の画面が開く。最初は慣れないが、しばらく動かしていると要領がわかってくる。

 顔認証は便利だ。画面を見つめるだけですぐにロックが解除され、画面から
顔をそらすとまたロックされる。発表のデモンストレーションでは、目を開けた状態の顔をセンサーが徐々に認識する様が示された。

 眼鏡や帽子、ひげがあっても認識するという。顔を立体的に認識する技術が使われ、顔写真でロックが解除されることはない。決済サービスのアップルペイなども画面を見ただけで支払い手続きができ、クレジットカードを持ち
歩くより安全に思える。

 8と8プラスは背面がガラスで、色が抑えめできれいに見える。ガラスになった分、7や7プラスより10グラムほど重く、ずっしりと感じる。「落としたらヒビが入らないか」と心配する声もあった。

 アップルウォッチの外見はほとんど変わらない。iPhoneが近くになくても単体で使えて、用途はぐんと広がりそうだ。

 発表会の直前、会場には故スティーブ・ジョブズ氏とともにアップルを作ったスティーブ・ウォズニアック氏の姿があった。「新製品はどうですか」と話しかけると、「まだ見ていないよ。本当だよ。まずはちゃんと自分で触って動かし
てみないと、評価は言えないね」と笑った。アップルの一時代を築いたウォズニアック氏。彼の目に、今回の発表はどう映っただろうか。(宮地ゆう)

香港(CNNMoney) 中国駐在の欧州連合(EU)代表部は9日までに、中国当局がフランスのカマンベールなど欧州産のソフトチーズの輸入を全面禁止する措置を打ち出したと発表した。

同代表部の報道担当者は、過去数十年間にわたって安全に輸入し中国内で消費されてきた製品の締め出しと反発。
禁止理由に説得力はなく、中国内で生産された同一のチーズは安全と判断していると反論した。

禁止された他のソフトチーズはブリとロックフォールなど。中国側は皮の部分でバクテリアが検出されたと説明している。

インターネットでチーズ輸入を手掛ける上海の業者は、ハードチーズ販売のみ許されていると指摘。
別の外国産食品の輸入業者によると、欧州産ソフトチーズの禁止は今年6月、中国規制当局が通知したという。

中国当局によるチーズ輸入の中断は過去にもあった。
2014年には英国内の工場での衛生管理基準が不十分として同国産チーズの輸入を差し止めた。
08年にはイタリア当局が発がん性物質のダイオキシン汚染の恐れがあるとしたモッツァレラチーズのリコールを発表後、輸入を禁止した。

ただ、過去の事例は1種類のチーズが対象で、短期間の処置に終わっていた。
今回はソフトチーズ全般に範囲が広がっている違いがある。
EU代表部は、欧州のチーズ産業は今回の措置を非常に懸念し、将来的に同様の方法で別種のチーズも規制される可能性に不安を抱いているという。

300名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:37:57.16ID:VNzhrCjT0
 日本時間13日未明、米アップルがカリフォルニア州クパチーノで開いた新製品発表会
では、iPhoneが3種類発表されるなど、盛りだくさんの内容だった。実際に新型iPhone](テン)を手に取って新機能を確かめた。

 事前に現地で話題となったのは、「機能」ではなく「価格」だった。「とうとう1千ドル超えのスマホが出るらしい」。そんなうわさが広がっていた。

 発表された「iPhoneX」は「999ドル」とぎりぎり3桁に。それでも、日本ほど高級志向が強くない米国では、もともと高めのアップルがここまで来たか、という感覚だ。なにせ、パソコンが買える値段。米国の記者は「いい機能だ」
「すごいね」などと言いつつ、最後は「1千ドルかあ」と苦笑していた。

 「]」を手に取ると、ややほっそりとしている。「7プラス」が大きいと感じる人には使いやすいだろう。ホームボタンはなく、ボタンを押す代わりに画面を下から上に素早く触ると、アプリを閉じたり、ホーム画面に戻ったりと、ボタンを
押したのと同じ動作になる。下から上に指を動かしたまま画面から指を離さずに止めると、複数の画面が開く。最初は慣れないが、しばらく動かしていると要領がわかってくる。

 顔認証は便利だ。画面を見つめるだけですぐにロックが解除され、画面から
顔をそらすとまたロックされる。発表のデモンストレーションでは、目を開けた状態の顔をセンサーが徐々に認識する様が示された。

 眼鏡や帽子、ひげがあっても認識するという。顔を立体的に認識する技術が使われ、顔写真でロックが解除されることはない。決済サービスのアップルペイなども画面を見ただけで支払い手続きができ、クレジットカードを持ち
歩くより安全に思える。

 8と8プラスは背面がガラスで、色が抑えめできれいに見える。ガラスになった分、7や7プラスより10グラムほど重く、ずっしりと感じる。「落としたらヒビが入らないか」と心配する声もあった。

 アップルウォッチの外見はほとんど変わらない。iPhoneが近くになくても単体で使えて、用途はぐんと広がりそうだ。

 発表会の直前、会場には故スティーブ・ジョブズ氏とともにアップルを作ったスティーブ・ウォズニアック氏の姿があった。「新製品はどうですか」と話しかけると、「まだ見ていないよ。本当だよ。まずはちゃんと自分で触って動かし
てみないと、評価は言えないね」と笑った。アップルの一時代を築いたウォズニアック氏。彼の目に、今回の発表はどう映っただろうか。(宮地ゆう)

香港(CNNMoney) 中国駐在の欧州連合(EU)代表部は9日までに、中国当局がフランスのカマンベールなど欧州産のソフトチーズの輸入を全面禁止する措置を打ち出したと発表した。

同代表部の報道担当者は、過去数十年間にわたって安全に輸入し中国内で消費されてきた製品の締め出しと反発。
禁止理由に説得力はなく、中国内で生産された同一のチーズは安全と判断していると反論した。

禁止された他のソフトチーズはブリとロックフォールなど。中国側は皮の部分でバクテリアが検出されたと説明している。

インターネットでチーズ輸入を手掛ける上海の業者は、ハードチーズ販売のみ許されていると指摘。
別の外国産食品の輸入業者によると、欧州産ソフトチーズの禁止は今年6月、中国規制当局が通知したという。

中国当局によるチーズ輸入の中断は過去にもあった。
2014年には英国内の工場での衛生管理基準が不十分として同国産チーズの輸入を差し止めた。
08年にはイタリア当局が発がん性物質のダイオキシン汚染の恐れがあるとしたモッツァレラチーズのリコールを発表後、輸入を禁止した。

ただ、過去の事例は1種類のチーズが対象で、短期間の処置に終わっていた。
今回はソフトチーズ全般に範囲が広がっている違いがある。
EU代表部は、欧州のチーズ産業は今回の措置を非常に懸念し、将来的に同様の方法で別種のチーズも規制される可能性に不安を抱いているという。

301名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:38:12.69ID:6vUjlPtM0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決

302名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:38:42.61ID:6vUjlPtM0
gregeg

303名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:40:13.21ID:6vUjlPtM0
hgfhj

304名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:40:35.44ID:6vUjlPtM0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決

305名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:41:05.75ID:6vUjlPtM0
gregeg

306名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:41:34.24ID:6vUjlPtM0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決

307名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:42:02.24ID:6vUjlPtM0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決

308名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:42:25.24ID:6vUjlPtM0
hgfhj

309名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:42:51.88ID:6vUjlPtM0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決

310名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:43:22.05ID:6vUjlPtM0
gregeg

311名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:43:58.64ID:6vUjlPtM0
qwqqe

312名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:44:19.16ID:6vUjlPtM0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決

313名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:44:42.62ID:6vUjlPtM0
hgfhj

314名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:45:09.23ID:6vUjlPtM0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決

315名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:45:39.24ID:6vUjlPtM0
【9月13日 AFP】13日に発表された世界の188か国を対象とした健康に関する報告書によると、2030年
までに新たな結核感染をなくすという国連目標を達成する見通しの国が皆無であることが分かった。

 英医学誌ランセット(Lancet)に掲載の報告書は、2015年に採択された国連(UN)の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成見通しについてまとめたもので、対象となった健康に関する目標37項目のうち、達成の可能性
があるのはわずか5分の1程
度であることが明らかになった。

 報告書によると、2030年までに自殺や道路交通事故死、子どもの肥満を減らすという目標を達成しつつある国は全体の5%以下で、HIVの新たな感染をなくす目標では同7%だった。

 米慈善財団「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団(Bill and Melinda Gates Foundation)」から資金提供を受けた調査では、世界2500人以上の研究者が188か国での健康を取り巻く状況の進展を評価し、2030年までの見通しを予測した。

 予測では富裕国と貧困国の間には「かなりの不均等」がみられ、高所得国は国連の健康関連
目標の38%の達成が予想されるが、低所得国ではわずか3%にとどまっていた。

 貧困国で達成度が低かったのは妊産婦死亡率、小児の発育不全、マラリア、環境リスクの低減などだが、米国をはじめとする多くの富裕国では自殺、アルコール依存症、殺gregeg人の対策が低かった。

 今後の見通しでは、マラリア根絶、乳幼児および妊産婦の死亡率の削減への取り組みが最も有望とされており、これらでは60%以上の国が国連目標を達成すると予測されている。

 研究によると、健康関連のSDGsで最も達成率が高かったのは、シンガポールとアイスランド、スウェーデンだった。最下位はソマリア、中央アフリカ共和国、アフガニスタン。

 同報告書は12日に米ニューヨーク(New York)で開催の第72回国連総会の開会日に先立ち発表された。(c)AFP/Mariette Le Roux

[ニューヨーク 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米アップル(AAPL.O)が新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」投入で危険な道を歩もうとしている。初代アイフォーン発売から10周年の祝賀ムード全開の中、
一番のニュースは「X(テン)」の価格が999ドルからと、過去最高になったことだ。これは製品価格が下がっていくのが普通という業界の慣例に反する。

12日に初披露された新型アイフォーンには、目を引く特徴が多い。スクリーンは大型化して表面のすべてを覆い、明るさも増した。処理速度は上がり、カメラ機能も向上し、ロック解除には顔認証が導入された。

それでもティム・クック最高経営責任者(CEO)が「初代以降で最も大きな飛躍」とはやし立てるほどの変化ではない。目からうろこのような製品が生まれて10年が経過し、技術進歩のペースは加速せず、むしろ鈍ってきている。

携帯電話市場の成熟化も進んでいる。調査会社IDCの見通しでは、今年の世界全体の出荷台数の伸びは5%弱にとどまる。これは通常の製品サイクルにおいては、ある種痛みを伴う転換点の印だ。つまり企業は新規顧客
獲得から、価格引
き下げを通じたライバルからの市場シェア奪取に方針を転換し、それが収益力低下につながる。だが今のところアップルは、例えばPCメーカーがたどってきたこうした動きを見せる気配はない。

実際、アイフォーンの平均販売価格は600─700ドルと比較的高めで推移している。旧モデルは値下がりするが、新モデルの値段がさらに高くなり、アップルは一部の顧客がその分を支払ってくれると確信している。最上位モデルの価格はさら
に上がる。2年前の最上位機種の販売価格は「X」よりおよそ150ドルも安かった。

アップルのデザインに対するこだわりは追い風だ。側面が医療機器グレードのステンレススチール、前面と背面がガラスという形状は、購入者に高価格を納得させるかもしれない。アップルの他の製品と統合利用ができる
基本ソフト(OS)も魅力になる。そしてこれまで多くの顧客はアップルと、グーグルのOS「アンドロイド」搭載端末のどちらかを継続して使う状況が続いており、サムスン電子(0
05930.KS)の競合機種が格段に安いわけではないため、ほとんどの人は乗り換えるかどうか悩むことはない。

ソフトウエアメーカーのシーベル・システムズの元経営者トム・シーベル氏はCNBCテレビで、
アイフォーンのコンピューター機能を持つには1970年代なら約10億ドルもの費用がかかると指摘した。そうした尺度を用いれば、アップルの異例とも言える価格決

316名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2017/09/14(木) 08:51:37.87ID:iHonxO850
>>19
韓日って書くのはパヨクじゃなくて朝鮮人

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています